株 fx まとめ 初心者 体験談

最低知っておくべき株の知識

最低知っておくべき株の知識記事一覧

そもそも株とは?

そもそも株とはどういったものなのでしょう?私たちが株を買う目的は、株が安くなる、または高くなることを予想し利益を得ることが主目的です。しかしそれは株のひとつの要素でしかありません。では株とは全体でどういった役割を果たしているのでしょうか?株とはまず第一に会社の運転資金調達法という要素が強いものなんで...

≫続きを読む

 

株で利益が出るメカニズム

我々投資家が一番重要視するのが株で利益を出すということです。株で儲かる、という要素として主に二つあります。ひとつが「配当が出たとき」もうひとつが「売買の差額で利益を得る」です。まず「配当」から説明をします。配当とはわかりやすく言えば、出資してくれたお礼です。会社が軌道に乗り一定以上の利益が出た場合、...

≫続きを読む

 

逆に株で損失が出るメカニズム

逆に株価が下がり5千万で買った株価が4千万になることもあります。会社がうまく利益を出し続ければ問題ないのですが、そうもいかないのが実情です。利益の出ている会社もあれば、赤字経営の会社もあります。利益を出せなければ配当も払うことができていません。株価も下がっていきます。例を出して説明します。Bさんは赤...

≫続きを読む

 

株価の決まり方

前のページで書いた通り、売りたい人の売値と買いたい人の買値が合致した時、株価が決まります。さらに付け加えるとするなら、そのやり取りに参加する人数です。その数が桁違いに違います。そのため、買うにしても売るにしても競争に晒されます。例えばBさんがAさんの5千万で買った株を全部売ります。4千万までの価格な...

≫続きを読む

 

株価を見てみよう

では株価を見てみましょう。分単位で上下する株価をチェックすることで、どの株を買うか、どの株を選べばいいか、どの株が上がるか、の感覚を養います。投資家としての第一歩です。リアルタイムの株価というのは、 証券会社に口座を開設しなければ見ることはできません。その前に確認したい場合はどうすればいいでしょうか...

≫続きを読む

 

手数料と税金

売買で出た差額分が利益になるわけではありません。株には売買に手数料が必要になってきます。例えば、あなたが売買の差額で100万円で買った株を150万円で売った場合単純に50万円の利益にはなりません。そこから手数料を差し引かなければなりません。なので、実際の利益は、売値−買値−手数料=利益が基本となりま...

≫続きを読む

 

単位株数

単位株数というものがあります。株には何枚かセットで買わないといけない場合があるのです。例えば10枚セット、100枚セット、1000枚セットといった感じで会社によって違います。

≫続きを読む

 

板情報とは

板情報とは今いくらの値段にどれだけの買いの申し出があるかを表した情報です。ひとつの企業の株に無数の売りたい人、買いたい人がいます。それも買いたい額、売りたい額が違います。そうなるとわかり難く非常に不便です。そこで下記のような板情報があるのです。この場合の現在の株価は通常200円か199円のどちらかに...

≫続きを読む

 

2種類の注文方法

株には2種類の注文方法があります。「A会社の株を○円で、○株買います。」というのと「どんな値段でもかまわないから、A会社の株が欲しい」という注文の仕方があります。上の注文方法を指値注文と言い、下の注文方法を成行注文と言います。この2つが株売買の基本注文になります。指値注文のメリットは株をできるだけ安...

≫続きを読む

 

株式市場とは

我々が絶えず睨みをきかす場が株式市場です。サラリーマンの職場のようなものですね。株というのは一定の基準を満たした企業しか持つことが許されません。株を持っているということ自体がある種の信頼の証でもあります。株を持った会社は、自分たちの株を一般の人に買ってもらえるように、株式市場に株を上場することができ...

≫続きを読む

 

株主優待

株をやる事を勧めるひとつとして株主優待というものがあります。「株をやったけど向いていなかった」となった人でも株を辞めない最大の理由となるのがこの株主優待です。これが何かと言いますと、簡単に言ってしまえば、商品やサービスが無料で受けられるシステムです。例えばスーパーなら割引券、ハンバーガーショップ、牛...

≫続きを読む

 

ローソク足の見方

いよいよ専門的な領域に入っていきます。と言っても二つだけです。覚えなければならない基本は。頑張っていきましょう。それがローソク足と移動平均線です。FXもこの二つを使います。株とFXは重複しているところがたくさんあるんです。株価は分単位、秒単位で常に変化しているため、それを解りやすくグラフにしたのがロ...

≫続きを読む

 

移動平均線の見方

ローソク足の次は移動平均線の読み方です。移動平均線とは、一定期間の株価の終値平均値を、毎日(または毎週、毎月)割り出してグラフ化したものになります。移動平均線の基本的な見方を覚えましょう。まず、株価が移動平均線よりも上にあるのか下にあるのかということが大事になっていきます。基本的に、株価が移動平均線...

≫続きを読む

 

株の価値が上がるか下がるかの見極め方

ローソク足や移動平均線の動きを分析したり、研究するのをテクニカル分析と言います。株価(FXも)は会社の業績や収益に関係なく変動したりもします。株は欲しい人と売りたい人が交差することによって生まれるからです。そこに人間心理や研究理論などが生じるのです。その動きを予想することによって利益を上げようとする...

≫続きを読む