株 fx まとめ 初心者 体験談

リスクの大小

リスクが高いのは株とFXどちらでしょう?

 

 

答えは株です。

 

 

株はFXに比べ値動きの幅が大きく、利益を得やすい反面、損をしやすくもあります。

 

 

FXがレバレッジを駆使してリスク管理の幅がある分、株のほうが選択肢の面でも不利です。

 

 

そして一番のリスクが倒産というリスクです。

 

 

FXは通貨というものを使っています。通貨はそれぞれの国が大本ですから、ちょっとやそっとじゃなくなりません。

 

 

可能性はゼロと言ってもいいくらいです。

 

 

しかし倒産は少ないながら起こりえることです。

 

 

よくテレビで大きな会社が倒産した場合は報道がされていますが、中小企業だと報道もされない倒産が結構あります。

 

 

倒産した会社の株を持っていると大損失です。ただの紙に成り下がってしまいますから、リスク的には危険なものと言えます。

 

 

つまり、株のほうがリスクが高いということになるのです。

 

 

ですがこれはあくまで根本的なリスクを指します。

 

 

例えば進んで高い利益率を求めてリスクを高めるなどは含まれません。

 

 

例えば、FXは高いレバレッジで勝負できますが、これはハイリターンな分ハイリスクです。

 

 

ロストカットの設定を行っていなければ、その分勝負は出来ますが借金を負うリスクも高まります。

 

 

ただしこれらは自分で設定できる領域なので潜在的リスクではありません。

 

 

自分で選んでやったのですから。自己責任です。自分で選んだ選択肢のですからこのリスクに文句を言うのはお門違いです。

 

 

リスクを望んでいない人は選ばなければいいのですから問題はありませんし、

 

 

進んでリスクを求めた人ですから文句の言いようがないですよね。

 

 

FXのこの場合のリスクは選択肢の増加と考えたほうがいいと思います。

 

 

リスクを少なくしたい人は選択しなければいいし、関係ありませんからね。

スポンサードリンク