株 fx まとめ 初心者 体験談

より勉強が必要なのはどっち?

より勉強が必要なのはどちらでしょう。もちろんどちらも勉強は必要です。仮に勉強するのがめんどくさい、とお考えでしたら株やFXをするのはやめたほうが賢明です。

 

 

逆に、勉強を利益を出す最短の近道と考えられるようであれば是非始めましょう。利益を出せれば勉強が楽しくて仕方がないぐらいになりますよ。

 

 

ただ基本的なところはそんなに難しくありません。体感的には小学校5年生の数学の教科書ぐらいだと思っています。

 

 

この基本的な所というのはテクニカル分析が主になってくるのですが、一見難しいように見えますが本一冊にまとまる程度ですからね。

 

 

それほど難しくもありません。テクニカル分析はチャートやグラフなどを駆使して統計的に予想する分析法です。

 

 

しかしファンダメンタルズ分析においては一生勉強です。いや、勉強というよりは情報収集が一生ものになるという意味です。

 

 

ファンダメンタルズ分析は企業や世界情勢などを分析することで株価を予想する方法です。

 

 

株では企業の情報、株価の情報、経済の情報、政治の情報などなど、FXでは政治の情報、世界情勢、輸出額、景気などなど。

 

 

これらは常日頃から知識として吸収していく必要があります。

 

 

とまあ、ここまで長い前置きなのですが、一番知りたいのが初心者として難しくないのはどちらか?だと思います。

 

 

そこで一番重要な、初心者から利益が出るまでが簡単な方はどちらか?という観点で話していきたいと思います。

 

 

テクニカル分析からの観点で言えば、株・FXどちらもそれほど難しさにかわりはありません。しいて言えば、総取引額が少ない株のほうが相場を人為的に作り上げることが出来る分困難だと思います。

 

 

どちらが難しいかより、どちらが自分に合っているかの方が大切だと思います。

 

 

ファンダメンタルズ分析でいえば株の方が難しいです。なぜなら、株はおよそ4000銘柄とたくさんあり、得なければならない情報が多大だからです。

 

 

さらに企業ごとの経営利益や業績予想など、やらなければならない事はたくさんあります。

 

 

一方FXは使われる通貨の国の内情を大まかに得られれば問題ありません。仕入れる情報より仕入れる情報のスピードが重要なため、初心者でも気を使っていれば簡単にできます。

 

 

FX口座を持てばFXホームページから世界情勢などの必要情報がまとめて見れるサービスがありますので、それを観るだけで充分です。

 

 

ですので結論としてはFXの方が初心者からだとより早く利益を出しやすいと言えます。

スポンサードリンク