株 fx まとめ 初心者 体験談

デモトレードはするな

株やFXにはトレードがどんなものか無料でできるデモトレードというものがあります。

 

 

これは株やFXがどんなものか理解してもらうために作られているものなんですが、私は常に利用してはいけないと助言しています。

 

 

むしろ害悪であるとすら言っています。

 

 

なぜでしょう?それは「金の重みを知らずに株・FXを知った気になるから」です

 

 

例えばポーカー。普通にポーカーをする分には何の問題もありません。楽しく出来るでしょう。

 

 

あなたの手札はスリーカード。確立上勝つ確率は約6割です。

 

 

本来ならチャンスです。理論上勝負の時です。ただ単に楽しんでいるだけでしたら降りずに勝負しているでしょう。

 

 

ですがお金が絡んできたら、はたしてそういくでしょうか?

 

 

あなたがこのポーカーに100万円を拠出しているとしたら。あなたは何のプレッシャーも感じずにポーカーをやれますか?

 

 

この違いがあるのです。俗に言う「プレッシャー」です。

 

 

これは自分の大切な大切なお金を使わなければ絶対に養えない部分です。

 

 

デモトレードをしている人は気楽にやっています。だってお金も減らないし、増えもしないのですから。

 

 

簡単に大金を使い、簡単に失敗する。

 

 

そして反省もしない。だってお金が減っていないのだから。全然痛くない。だから身に染みない。

 

 

デモトレードで負けたのならまだマシです。問題なのが大勝した場合。

 

 

自分には才能がある、センスがあると高をくくり

 

 

危険な取引を乱発する。失敗する人にありがちなパターンです。

 

 

知った気になるというのも危険性のひとつなのです。

 

 

いや、操作についての勉強という観点からすれば、やっていない人よりはやっていた人のほうが良いですよ。それは・・

 

 

でも同じ時間デモトレーダーをやっている人と本当にトレードしてる人では、100対0で本当にトレードしている人のほうがトレーダーとして成長しているでしょう。

 

 

だったら、デモトレードなんてやっている時間があるなら、本当にトレードをはじめた方が100倍有益というわけなんです。

 

 

FXが簡単だと言っても始めたばかりの人がおいそれと大金をかけていいような場ではありません。

 

 

最初にしなければならない事はまずは利益を出すことではなく、慣れるということです。

 

 

それは覚えるということや知るという事も含め、株・FXとレーダーとしての自分を創っていくことに他なりません。

 

 

それにはまず、どんな人だって実際にやっていくしかないのです。

 

 

仮にデモトレードをやっていたとしても、「慣れ」は身に付きません。

 

 

自分のお金を、大切なお金を使っているわけではないからです。

 

 

その興奮や恐怖を上手く手なずけていくには、必ず実践で幾度となく投資していかなければならないのです。

 

 

その慣れを自分のものとするまでにそれなりの時間がかかります。どんな人だってです。

 

 

ですからデモトレードをやっている時間が果てしなく無駄なのです。結局本番である程度の時間をかけて、トレーダーとしての自分を作っていかなければならないのですから。

 

 

口座を開設して株やFXに挫折したら開設した時間や手間がもったいない、と思う方もいるかもしれません。

 

 

確かにそうかもしれません。ですがでトレードをいち早くすることで生まれる利益に比べれば、選択の余地も無いほど、いち早く「慣れ」を習得するほうが有益です。

 

 

その時間でどれほどの利益が生まれるか・・・、投資家にとってこれほど無駄な事はないのです。

 

 

投資家になりたいと思っているのならタイムイズマネーという言葉を胸に刻まなければなりません。

 

 

最後にひとつ。私が初心者だった頃に教訓にしていた言葉です。

 

 

ジョージ・ソロス氏の言葉

 

 

「まず生き残れ。儲けるのはそれからだ。」

スポンサードリンク